りんごはっく

AirTagの探し方(探すが表示されない場合も)

  • Release
  • Update

AirTagの見つけ方がわからない、忘れてしまったという方に向けて、AirTagの探し方について、さまざまな情報を提供します。

また、「探す」アプリの経路やAirTagの紛失モード、AirTagを探すときのトラブルシューティングの方法なども解説しています。

スマホやApple Watchなどのデバイスを使って、AirTagを最大限に活用しましょう。

AirTagの探し方

以下のセクションでは、iPhone、Android、Apple WatchでAirTagを見つける方法をそれぞれ紹介します。

AirTagをiPhoneで探す方法

「探す」アプリは、AirTagを持っている人やAppleデバイス、持ち物の位置を特定するために使用します。

iPhoneでAirTagの位置を特定する方法については、以下の記事をご参照ください。

AirTagのアプリについて

AirTagをAndroidで探す方法

AirTagは、iPhone/iPadなどのApple製デバイスと接続して位置検索を行うため、Androidで様々な操作/設定を行うことができません。

ただし、AppleはAndroid向けに「トラッカー検出」というアプリをリリースしており、身に覚えのない不審なAirTagを検出することができます。

Androidで「トラッカー検出」アプリを使う方法については、以下の記事を参照してください。

AirTagはAndroidで使える?代替商品もご紹介

AirTagをApple Watchで探す方法

Apple WatchでAirTagを探すには、あらかじめAirTagに接続しているiPhoneとペアリングしておいてください。

AirTagに接続できるiPhoneの機種については、以下の記事でご確認頂けます。

AirTagのiPhone対応機種について

なお、iPhoneとペアリングできるApple WatchのSeriesについては3以上もしくはSEを含む世代です。OSが古い場合は、最新のバージョンにアップデートすることをおすすめします。

Apple WatchでAirTagを探す方法については、以下をご参照ください。

AirTagを探すための地図を開く
探すアプリを選択する

Apple Watchのホーム画面で、持ち物を探すアプリを選択します。

持ち物を探す

持ち物(例:…さんの鍵)を選択してみましょう。

現在、AirTagは自分が所持しています。

...さんの鍵

画面上にAirTagを探すための地図が開きました。

この画面から、AirTagのサウンドを鳴らしたり、経路を表示することができます。詳しくは、下記を参照してください。

サウンドを鳴らす

Apple WatchでAirTagにサウンドを鳴らすこともできます。

上記「AirTagを探すための地図を開く」セクションの手順で地図を表示してから、以下の手順でサウンドを再生させてみてください。

下にスワイプ

AirTagを探すための地図の画面を下にスワイプします。

サウンドを再生をオフにする

サウンドを再生を選択します。

再生中になる

「再生中…」が表示されると、AirTagから音が流れます。

経路を表示する

Apple Watchで、持ち物(AirTag)までの経路を表示することもできます。

上記「AirTagを探すための地図を開く」セクションの手順で地図を表示してから、以下の手順で経路を表示することができます。

下にスワイプ

AirTagを探すための地図の画面を下にスワイプします。

経路を選択

経路を選択します。

車を選択

車のマークを選択します。

...さんの鍵が表示

AirTagに0mまで近づくと、上の図(例:右側に…さんの鍵)が表示されます。

AirTagからiPhoneを鳴らして探すことはできるか?

AirTag本体を操作してiPhoneを鳴らすことはできません。

AirTagのような検索トラッカーを操作してiPhoneを鳴らしたい場合は、類似製品のTileをお勧めします。

Tileの詳細につきましては、以下の記事をご参照ください。

AirTagとTileはどっちがいい?それぞれの比較や違いについて

探すの経路について

「探す」アプリでは、通過したスポットの経路が表示されることがあります。

経路の表示

これは、自分のiPhoneの「探す」アプリでセーフティ通知をオンにした状態で、他人のAirTagの近くに数時間いると、これまでの移動経路を含むメッセージが表示されるというものです。

以下、詳しく見ていきましょう。

AirTagを紛失したときの紛失モードについて

このセクションでは、AirTagを紛失したときの紛失モードについて説明します。

紛失モードとは?

Apple IDに登録したAirTagや他者の持ち物を紛失した場合、「探す」アプリで紛失のマークをつけることができます。

その際、電話番号もしくはメールアドレスと紛失した旨のメッセージ(デフォルトで入力されている)を追加することができます。

もし誰かが持ち物を見つけた場合、対応するデバイスを使って、紛失モードのメッセージが表示されたウェブサイトを閲覧することができます。

紛失モードの設定をしないと、AirTagを拾った人から不明なAirTagとして認識され、AirTagで何か不正が行われていると誤解される可能性がありますので、紛失モードに設定することをお勧めします。

紛失モードの設定を行う

紛失モードの設定を行う方法については、以下のとおりです。

探すアプリを選択する

探すアプリを選択します。

持ち物を選択する

持ち物を探すタブ、②持ち物(例:…の鍵)の順に選択します。

有効にするを選択する

紛失モードの有効にするを選択します。

電話番号を入力する

①ここでは、連絡用の電話番号を入力します。

連絡先をメールアドレスにしたい場合は、「メールアドレスを使用」をタップします。

次へをタップします。

有効にするをタップする

概要を確認し、有効にするをタップします。

有効を確認する

紛失モードが有効になりました。

紛失メッセージの表示

自分のiPhoneと紛失モード設定済のAirTagが離れていて、自分のAirTagと他人のiPhoneとの間でBluetooth通信が行われた場合、相手のiPhoneに紛失のメッセージが表示されます。

紛失モード中

相手のiPhoneの画面には、AirTagのシリアル番号、連絡先の電話番号、デフォルトで設定されているメッセージが表示されます。

この表示により、相手にこのAirTagが紛失物であることを知らせることができます。

トラブルシューティング

以下は、iPhoneでAirTagを見つけるための主なトラブルシューティングです。

探すアプリで経路が表示されない場合

自分のiPhoneのセーフティ通知をオンにした状態で、他人のAirTagが数時間近くにあった場合、「探す」アプリに経路が表示されます。

「探す」アプリで経路が表示されない場合、自分のiPhoneの「探す」アプリでセーフティ通知をオンにしていない可能性があります。

セーフティ通知をオンにする方法については、以下の記事を参照してください。

AirTagの悪用事例(ストーカーや浮気調査)について

探すが表示されない場合

「探す」アプリが表示されない場合は、すでにアンインストールされているか、iPhoneの画面上で見つけにくい場所に配置されている可能性が考えられます。

いずれの場合も、以下の手順で対処を試みてください。

App Storeを開く

iPhoneでApp Storeアプリを選択します。

検索ボックスを選択する

検索タブ、②検索ボックスの順に選択します。

探すを入力する

検索ボックスに探すの文字を入力します。

開くボタンを押す

ここでは、開くボタンをタップします。

すでに「探す」アプリをアンインストールしている場合は、インストールボタンが表示されるので、これをタップしてください。

探すアプリが開く

「探す」アプリが開きました。

このページを見ている人におすすめの商品

Apple AirTag

Apple AirTag

Apple(アップル)

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\39ショップ限定 エントリーでポイント2倍/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • iPhone 11 iOS 15.5
  • AirTag 1.0.301
  • Apple Watch Series 4 watchOS 8.6