りんごはっく

Magic KeyboardをMacで使う方法

  • Release
  • Update

Apple製のワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」は、非常に簡単な手順でMacと接続することができます。

この記事では、Magic KeyboardをMacで使用する方法をご説明します。

その他にも、Magic KeyboardをMacBookで使う方法や、ペアリングに必要な条件、Magic Keyboardの接続を切る方法もあわせてご紹介しています。

Magic KeyboardをMacで使う方法

ここでは、Magic KeyboardをMacで使う方法をご説明します。

作業時間:2分

Magic Keyboardの電源を入れる

キーボードの電源を入れる

Magic Keyboardの上側面にある電源を入れます。電源が入ると、画像のように緑色の底が見えます。

LightningケーブルでMacと接続する

Lightningケーブルで接続する

付属のUSB-C - Lightningケーブルを使い、Macと接続します。Lightningケーブルは最初の接続と充電のときのみ使用します。

Magic Keyboardのペアリングが完了した

接続されましたと表示される

Lightningケーブルを取り外すと、Macの画面に「接続されました」と表示されます。これで、Magic KeyboardをMacで使用できるようになりました。

Magic KeyboardをMacBookで使う方法

Magic Keyboardは、iMacだけでなくMacBookでも使用することができます。

例えば、MacBookの内蔵キーボードが壊れてしまったときなどに、Magic Keyboardを代用品として使うことができます。

Magic Keyboardのペアリング方法は、iMac/MacBook両方とも同じです。

Magic KeyboardをMacBookで使用したい場合は、本記事「Magic KeyboardをMacで使う方法」セクションでご紹介している方法を参考にペアリングを行ってみてください。

Magic KeyboardをMacで使うときの注意点

Magic KeyboardをMacで使うには、ある条件を満たしている必要があります。

以下のリストは、MacでMagic Keyboardを使用するのに必要な条件をまとめたものです。

  • macOS 11.3以降を搭載している
  • Bluetoothをオンにしている

Magic Keyboardは、Bluetoothで接続して使用するワイヤレスキーボードです。

そのため、接続するには必ずMac側で「Bluetoothをオン」にしておく必要があります。

なお、付属のLightningケーブルは最初の接続と充電のときにのみ使用します。

Magic Keyboardを使うときは、Lightningケーブルを取り外してから使うようにしましょう。

Magic Keyboardの接続を切る

Magic Keyboardの接続を切る方法については、以下の通りです。

システム環境設定を選択する

①画面左上のアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

Bluetoothを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

Bluetoothを選択します。

×マークを選択する

Magic Keyboardの横にある×マークを選択します。

削除ボタンを押す

“Magic Keyboardを削除してもよろしいですか?”ダイアログボックスが表示されます。

削除ボタンを押します。

Magic Keyboardの接続を切ることができた

これでMagic Keyboardの接続を切ることができました、

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\24時間限定! 50%以上割引SALE/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • Magic Keyboard 
  • iMac (24-inch, M1, 2021) macOS 12.4
  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4