りんごはっく

Magic Keyboardの新型について(違いや発売日など)

  • Release
  • Update

この記事では、Magic Keyboardの新型についての情報をまとめています。

Magic Keyboardの新型はいつ頃販売を開始したのか、過去モデルと比較してどう変わったのかをご紹介します。

Mac用Magic Keyboard、iPad用Magic Keyboardの2つに分けてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Mac用Magic Keyboardの新型

Appleは、2021年8月3日に新型Magic Keyboardの単体販売を開始しました。

2022年6月現時点では、以下の3機種が最新のMagic Keyboardとなります。

テンキーなし

テンキーなしMagic Keyboard

このモデルにはテンキーは付いておらず、持ち運びに適したコンパクトな形状となっています。

単体販売されたテンキーなしMagic Keyboardはいずれもシルバーカラーのみの展開となります。

テンキーなしMagic Keyboard

ただし、24インチiMacに付属されているMagic Keyboard(Touch ID搭載含む)に限っては、「グリーン」「イエロー」「オレンジ」「ピンク」「パープル」「ブルー」「シルバー」の7色展開となります。

上記画像のMagic Keyboardはブルーです。

24インチiMacに付属するMagic Keyboard

ブルーやイエローなどのMagic Keyboardは、2021年に発売された24インチiMacを購入したときに付属してきます。

グリーンのiMacを購入すればグリーンのMagic Keyboardが付いてきます。

色付きのMagic Keyboardは2022年6月現在、単体販売されていませんのでご注意ください。

Touch ID搭載
Touch ID搭載Magic Keyboard

こちらのモデルは「Touch ID」を搭載しています。

Touch IDとは、Appleが開発した指紋認識センサーのことです。

ご自身のApple IDに指紋を登録し、右上の丸いキーに指紋を認識させるだけで簡単にログインやアプリのインストールを行うことができます。

煩わしいパスワード入力も、Touch IDさえあれば一瞬で完了します。

なお、Touch ID搭載モデルはM1チップ(Appleシリコン)を搭載したMacのみの対応となります。

テンキーあり

テンキー付きTouch ID搭載Magic Keyboard

こちらのモデルはテンキーとTouch IDを搭載しており、ホワイトキーとブラックキーの2種類を用意しています。

テンキー付きMagic Keyboardは、ホワイトキーとブラックキーで価格が異なります。

Magic Keyboardの価格については、以下の記事をご参照ください。

Magic Keyboardの価格について

過去モデルとの違い

Magic Keyboardは過去モデルと比較してどう変わったのか、大きな変更点はあったのかなど、過去モデルとの違いをご紹介します。

テンキーなし

今回は、2017年に発売されたテンキー付きMagic Keyboardと、2021年に発売されたiMacの付属品であるMagic Keyboardを使用して比較を行います。

どちらも2022年6月現在、Apple公式から販売されています。

Magic Keyboardを並べる

下のテンキーなしMagic Keyboardが新型モデルとなります。2021年発売のiMacに付属していたブルーのMagic Keyboardなので、並べると色味が違います。

Magic Keyboardの裏面

Magic Keyboardの裏面を見てみましょう。過去モデルの方は光沢があり、新型モデルはさらっとしたマットな質感であることが分かります。

過去モデルは裏面がつるつるしているため、埃や細かな汚れが付着しやすいです。

一方で新型モデルは埃が付きにくく、柔らかい布で一拭きするだけで汚れが落ちます。

上側面

Magic Keyboardの上側面を並べてみました。

電源ボタン、Lightningポートの位置に変更はありません。

角の丸み

Magic Keyboardの新型モデルは、キーボードの四隅が丸くなっています。

比較してみると、キーボードの角がより丸みを帯びているのが分かります。角に合わせてキーも丸くなっています。

Magic Keyboardのケーブル

また、付属品のLightningケーブルも変更されています。

過去モデルのケーブルは、画像の左側、白いLightning – USBケーブルです。このLightningケーブルは先端がType-Aになっています。

新型モデルのケーブルは、耐久性の高い編み込み式のUSB-C – Lightningケーブルです。

このLightningケーブルは先端がType-Cになっており、iMacやMacBookと接続することでMagic Keyboardの充電をすることができます。

ケーブルの長さはLightning – USBケーブルが100cm、USB-C – Lightningケーブルが104cmでした。

Magic Keyboardのキー

Magic Keyboardのキーはシザー構造を採用しています。

新型モデルでもキーの構造は変わりなく、過去モデル同様しっかりとした打鍵感があります。

シザー構造とは、2つの樹脂パーツがキーの下でハサミのように交差し、キーを支える構造です。

打鍵感はしっかりしていますが、打ち心地は軽く、長時間の操作でも疲れにくいとされています。

Touch ID搭載

2021年8月に発売された新型Magic Keyboardは、Touch ID非搭載モデルとTouch ID搭載モデルのどちらかを選ぶことができます。

過去のモデルはTouch IDを搭載していなかったので、これは大きな変更点です。

Magic KeyboardのTouch ID

Touch IDとは登録した指紋を認識させるだけで、簡単に本人確認ができる便利な機能です。

ホームボタンを搭載したiPhoneやiPadをお使いの方は、すでにご存知かもしれません。

Touch IDを使えば、「ログイン時のパスワード入力」「アプリのインストール時のApple ID入力」「Webサイトへのログイン」など、さまざまなパスワードを入力する手間が一気に省けます。

機能面で大きく進歩したMagic Keyboardですが、Touch ID搭載モデルはM1チップ(Appleシリコン)搭載のMacでしか使用できません。購入の際はお気をつけください。

iPad用Magic Keyboardの新型

Appleは、2020年4月20日に新型iPad用Magic Keyboardの発売を開始しました。

11インチiPad用Magic Keyboard

こちらのモデルは、11インチiPad用に最適化されています。

折りたためばiPad用保護ケースに早変わりする優れもので、まるでノートパソコンのようにiPadを活用することができます。

iPadとMagic Keyboardは、Smart Connectorで接続されています。Magic Keyboardのバッテリーは常にiPadから供給されるため、充電をする必要はありません。

対応機種は11インチiPad Pro(第1世代、第2世代、第3世代)、またはiPad Air(第4世代、第5世代)となります。

iPad Pro用Magic Keyboardの新型

iPad Pro用Magic Keyboardは、11インチiPad用Magic Keyboardと同時に発売されました。

12.9インチiPad用Magic Keyboard

こちらのモデルは、12.9インチiPad用に最適化されています。

11インチ用Magic Keyboardと比較すると、左右のキーがフルサイズになっていることが分かります。

iPad用Magic Keyboardのキーは、Mac用Magic Keyboardと同じくシザー構造を採用しています。

シザー構造とは、2つの部品がはさみのように組み合わさってキーを支えている構造のことです。

静音性、安定性に優れた構造であり、静かで快適なタイピングをすることができます。

対応機種は、12.9インチiPad Pro(第3世代、第4世代、第5世代)となります。

iPad用のMagic Keyboardに過去モデルはなく、2022年6月の現時点では、上記で紹介した2機種が最新モデルとなります。

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\39ショップ限定 エントリーでポイント2倍/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • Magic Keyboard