りんごはっく

Macで初期化する前のバックアップをとる方法

  • Release

この記事では、Macで初期化する前のバックアップをとる方法をご紹介します。

初期化を行うと、Macに保存しているデータはすべて失われてしまいます。

残したいファイルがある場合は以下の方法を参考に必ずバックアップをとっておきましょう。

Macで初期化する前のバックアップをとる方法

Macでバックアップする場合はTime Machineという機能を使うと初期化後の復元もスムーズにできます。

また、書類や音楽などのデータをバックアップする場合は「iCloud」や「Dropbox」などのストレージを使うとフォルダをそのままバックアップすることができます。

Time Machineを使ってバックアップをとる

Time MachineはMacに組み込まれているバックアップ機能で、Appや音楽、写真、メール、書類等のデータをバックアップできます。今回は外付けハードディスクにバックアップのデータを保存する方法をご紹介します。ハードディスクの容量は最低でもお使いのMacと同じ容量のものを準備しましょう。

作業時間:1分

電源と外付けハードディスクを接続する
電源と外付けハードディスクを接続する

外付けハードディスクと電源をMacに接続します。途中でバッテリーが切れると正しくバックアップすることができないので必ず電源に接続しておきましょう。

システム環境設定を開く
システム環境設定を開く

メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

Time Machineを選択する
Time Machineを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。Time Machineを選択します。

バックアップディスクを選択ボタンを押す
バックアップディスクを選択ボタンを押す

Time Machineダイアログボックスが表示されます。バックアップディスクを選択ボタンを押します。

ハードディスクを選択する
ディスクを選択する

接続した外付けハードディスクを選択し、②ディスクを使用ボタンを押します。

バックアップが開始される
バックアップが開始される

バックアップが開始されるのでしばらく待機します。時間がかかることもあるので、念の為Macから電源を外さないようにしましょう。

バックアップが終了する
バックアップが完了する

バックアップが終了すると「バックアップ完了」というメッセージが表示されます。これで、バックアップをとることができました。

iCloudを使ってバックアップをとる

iCloudを使ってバックアップをとる方法をご紹介します。

このMacについてを選択する

まずは最新のOSにアップデートします。

メニューバーのアップルメニュー、②このMacについての順に選択します。

ソフトウェア・アップデートを選択する

このMacについてダイアログボックスが表示されます。

ソフトウェア・アップデートボタンを押します。

更新する

ソフトウェア・アップデートダイアログボックスが表示されます。

更新の必要があればこの画面に表示されますのでアップデートしましょう。

システム環境設定を開く

次にiCloudの設定を行います。

メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

Apple IDを開く

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

Apple IDを選択します。

バックアップしたい項目にチェックマークを入れる

Apple IDダイアログボックスが表示されます。

iCloudを選択して、②画面右側に表示された「写真」「連絡先」「iCloud Drive」などの項目からiCloudに保存したいものにチェックマークを入れます。

これでiCloudに、選択したアプリケーションのデータが保存されます。

オプションボタンを押す

iCloud Driveの設定も行います。

iCloud Driveのオプションボタンを押します。

バックアップしたいものにチェックマークを入れて完了ボタンを押す

iCloud Driveのオプション画面が表示されます。

①必要なアプリケーションにチェックマークを入れて、②完了ボタンを押すと、iCloud Driveにデータを保存するアプリケーションを選択することができます。

「”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダ」にチェックマークを入れると、デスクトップフォルダと書類フォルダが自動的にiCloud Drive内に移動しバックアップをとることができます。

ただし、デスクトップフォルダや書類フォルダがすでに別のクラウドストレージなどと紐付けられている場合は、iCloud Drive内に移動しないのでご注意下さい。

管理ボタンを押す

もしもiCloudの容量不足でバックアップが取れない場合は、アップグレードすることでストレージを増やすことができます。

管理ボタンを押します。

ストレージを追加する

iCloudストレージダイアログボックスが表示されます。

ストレージを追加ボタンを押します。

アップグレードについて

iCloud+のアップグレードダイアログボックスが表示されます。

この画面から有料プランに切り替えて、再度バックアップをとりましょう。

Dropboxでバックアップをとる

DropboxでMacのバックアップをとる方法をご紹介します。

まずは以下のリンクからDropboxのアカウントを取得し、Macと連携させておきましょう。

Dropbox

dropboxの基本設定を開く

メニューバーのDropbox、②アカウントのアイコン、③基本設定の順に選択します。

バックアップを管理を設定する

Dropboxの基本設定ダイアログボックスが表示されます。

バックアップを選択し、②バックアップを管理ボタンを押します。

フォルダを変更を選択する

Dropbox Backupダイアログボックスが表示されます。

フォルダを変更ボタンを押します。

バックアップしたいファイルを選択する

フォルダをバックアップに変更するダイアログボックスが表示されます。

①Mac内のフォルダでDropboxに保存するフォルダにチェックマークを入れて、②保存ボタンを押します。

これでフォルダをDropboxと同期する設定ができます。

選択したフォルダによってはアクセスに関する設定を行う必要があるのでその際は画面の指示に従って操作しましょう。

このページを見ている人におすすめの商品

Apple MacBook Air M1 2020(13インチ,8GB RAM,256GB SSD,8コアCPU/7コアGPU) スペースグレイ (整備済み品)

Apple MacBook Air M1 2020(13インチ,8GB RAM,256GB SSD,8コアCPU/7コアGPU) スペースグレイ (整備済み品)

Apple(アップル)

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

\ラスト5時間限定セール 最大50%OFF/楽天市場で価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.3.1