りんごはっく

Macのキーボード配列について

  • Release

この記事では、Macのキーボード配列についてご紹介します。

キーボード配列とはキーボード上でのキーの並び順を指し、言語や流通している国ごとにキーの配列が異なります。

配列ごとの見分け方やおすすめのキーボード配列などについてご紹介していますので、お使いのキーボードの配列がわからない方、自分にあった配列がわからない方はぜひ参考にしてみてください。

Macおすすめのキーボード配列

現在、日本のApple公式サイトでは以下の言語に対応した配列のキーボードを購入することができます。

  • 英語(UK)
  • 中国語(拼音)
  • 中国語(注音)
  • 日本語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • 英語(US)

以下では、Macでおすすめのキーボード配列についてご紹介します。

使いやすさを重視したい方

使いやすさや入力のしやすさを重視したい場合は、日本語の入力規格に合った配列である「JIS配列」を選択しましょう。

JIS配列のキーボード

上の画像はJIS配列のMacのキーボードです。

「かな入力」を行う方のためのひらがながキーに刻印されていたり、日本語入力にすぐに切り替えられる「かなキー」が搭載されていたりと、スムーズに日本語を入力することができます。

デザイン性を重視したい方

デザイン性を重視したい方、Macのスタイリッシュな見た目に合わせてキーボードもすっきりとしたデザインのものを使いたい方には「US配列」もしくは「UK配列」のキーボードがおすすめです。

US配列のキーボード

上の画像はUS配列のMacのキーボードです。

JIS配列のキーにあった「かな入力」のためのひらがなが刻印されていないため、すっきりとした見た目になっています。

アルファベットの並びはJIS配列と同じであるため、日本語のローマ字入力をJIS配列と同じ感覚で行うことができます。

UK配列のキーボード

上の画像は、UK配列のMacのキーボードです。

UK配列の場合も、キーにひらがなは刻印されていません。

またUS配列と比べてreturnキーが縦長になっていたり、左シフトキーが右シフトキーに比べて小さくなっていたりするなどの違いがあります。

Macを使って日本語で入力を行うのであれば、「JIS配列」「US配列」「UK配列」のどれかを選択するとスムーズに日本語の入力を行うことができます。

上記のそれぞれの特徴をもとに、ご自身に合ったキーボード配列を探してみてください。

キーボード配列の確認方法(見分け方)

「JIS配列」と「US配列」と「UK配列」の見分け方をご紹介します。

これら3つの配列は日本で使われている代表的なキーボード配列ですので、確認方法を覚えてご自身が使用しているキーボードがどの配列なのかを見分けられるようになりましょう。

見分ける方法について以下の表にまとめました。

配列見分け方
JIS配列かな入力のための「ひらがな」がキーに刻印されている
スペースバーの両隣に「英数キー」と「かなキー」がある
US配列キーにアルファベットのみが刻印されている
UK配列§(セクションマーク)や€(ユーロ)の記号が刻印されている

上記の表の見分け方を使って、実際にキーボードを確認してみましょう。

JIS配列のキーボード

上の画像のキーボードは、キーにひらがなが刻印されています。

また、スペースバーの両隣に「英数キー」と「かなキー」があるため、「JISキーボード」であることが分かります。

US配列のキーボード

上の画像のキーボードでは、キーにひらがなが刻印されていません。

§(セクションマーク)や€(ユーロ)等の記号は無いため、「USキーボード」になります。

UK配列のキーボード

上の画像のキーボードでは、キーにひらがなが刻印されていません。

また、§(セクションマーク)や€(ユーロ)等の記号があるため、「UKキーボード」になります。

代表的な配列の種類

日本で使用されている代表的な配列の種類は以下のとおりです。

配列の名前配列の種類
JIS配列日本の入力規格に対応した配列
US配列アメリカの入力規格に対応した配列
UK配列イギリスの入力規格に対応した配列

JIS配列が日本語の入力には一番適した配列ではありますが、キーボードの見た目や機能の違いからUS配列やUK配列を使用される方もいます。

それぞれの配列の具体的な見分け方については上記「キーボード配列の確認方法(見分け方)」セクションをご参照ください。

配列を変更(カスタマイズ)する方法

お使いのキーボードがどの配列であっても、日本語入力ソースに切り替えたり、配列を変更したりする事が可能です。

ただし、JIS配列以外のキーボードでは日本語入力に一発で切り替えられる「かなキー」が搭載されていません。

以下では、各配列で日本語入力ソースに切り替えるための設定方法をご紹介します。

JIS配列

JIS配列で日本語入力ソースに切り替える方法については以下の記事「日本語の切り替え方法」セクションでご紹介しています。

また、JIS配列のキーボードではJIS配列とUS配列とを切り替えることが出来ます。

以下の記事「キー配列(JIS/US)を切り替える」セクションをご確認ください。

MacのJIS(日本語)配列キーボードについて

US配列

以下の記事「USキーボードで日本語切り替え」セクションでは、US配列のキーボードで日本語入力を行う方法についてご紹介しています。

また、「USキーボードで日本語入力ができない場合」セクションではUSキーボードで日本語が入力出来ない場合の対処法についてご紹介しています。

MacのUS(英語)配列キーボードについて

UK配列

UK配列で日本語入力の切り替えを行いたい場合も、US配列と同じように設定を行うことが可能です。

日本語入力の切り替えを行う設定方法については、上記「US配列」セクションをご参照ください。

UK配列の詳しい特徴などについては以下の記事をご参照ください。

MacのUK配列キーボードについて

フランス配列

AZERTY配列について

上の画像はフランスの「AZERTY配列」という種類のキーボードになります。

AZERTY配列のキーボードでもUS配列と同様に日本語入力を手軽に行うための設定が可能です。

上記「US配列」セクションでご紹介している方法を参考に、設定を行いましょう。

ハングル配列

ハングルの配列について

上の画像は、韓国語のハングル配列のキーボードです。

ハングル配列のキーボードでも日本語入力を手軽に行うための設定が可能です。

設定方法については、上記「US配列」セクションをご参照ください。

キーボード配列がおかしい場合

キーボード配列がお使いのキーボードと合っていない場合は、「キーボード設定アシスタント」というMacの機能を使用することで配列を変更することが可能です。

例えば、JIS配列のキーボードなのにキーを押すとUS配列になっているといったような場合に活用できる機能です。

「キーボード設定アシスタント」を使って配列を変更する方法については、以下の記事「キー配列(JIS/US)を切り替える」セクションをご参照ください。配列の選択画面で、お使いのキーボードの配列を選択しましょう。

MacのJIS(日本語)配列キーボードについて

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.5
  • Magic Keyboard