りんごはっく

Macキーボードの変換方法

  • Release
  • Update

この記事では、Macキーボードの変換方法についてご紹介します。

予測変換のオン/オフを行う方法や予測変換がおかしい場合の対処法などについてもご紹介しています。

MacとWindowsのキーボードを切り替えて使用する方法についてもご紹介していますので、MacでMacキーボードとWindowsキーボードの両方を使いたいという方はぜひ参考にしてみてください。

Macキーボードの文字変換の設定方法

Macのキーボードで文字変換を行う場合の設定方法をご紹介します。

ひらがな変換する

Macのキーボードでひらがな変換を行うための設定方法は以下の通りです。

日本語-ローマ字環境設定を選択する

①メニューバーの入力モード、②“日本語 – ローマ字入力”環境設定を開くの順に選択します。

ひらがなにチェックマークが入っているかを確認する

キーボードダイアログボックスが表示されます。

入力ソース、②日本語 – ローマ字入力の順に選択します。

基本的に日本語入力システムがMacに追加されている状態であれば、上の画像の赤い矢印で示した部分のように「ひらがな」にチェックマークが入っています。

グレーアウトしていてもチェックマークが確認できればひらがな変換が可能です。特別な設定は必要ありません。

漢字変換したあとcontrol + Jを押す

ひらがな変換を行うショートカットキーについてもご紹介します。

漢字変換したテキスト(例:今日は)を選択して、control + Jを押します。

ひらがなに変換できる

ひらがなに変換することができました。

カタカナ変換する

Macのキーボードでカタカナ変換を行う設定については以下の通りです。

日本語-ローマ字環境設定を選択する

①メニューバーの入力モード、②“日本語 – ローマ字入力”環境設定を開くの順に選択します。

カタカナにチェックマークを入れる

キーボードダイアログボックスが表示されます。

入力ソース、②日本語 – ローマ字入力の順に選択します。

カタカナにチェックマークを入れると、カタカナ変換が可能になります。

ひらがなを入力する

カタカナ変換の設定を行うと、変換候補からカタカナを選択する方法以外にショートカットキーを使ってカタカナにすることもできます。

カタカナ以外で入力したテキスト(例:あいうえお)を選択して、control + Kを押します。

カタカナに変換できる

カタカナに変換することができました。

半角カタカナなどに変換する方法については以下の記事でもご紹介しています。

Macでカタカナ変換するショートカットキー

日本語変換(かな変換)

Macのキーボードで日本語変換(かな変換)をしたい場合は上記「ひらがな変換する」セクションと同じ方法で行うことができます。

カタカナや漢字で入力した文字をひらがなに変換するショートカットキーについてもご紹介していますので参考にしてみてください。

予測変換する

予測変換とは入力された文字から予測される変換の候補を一覧で表示する機能です。

日本語入力システムでは、デフォルトで予測変換の機能が有効になっているため特に設定をすることなく使えます。オン/オフの切替えについては下記「予測変換をオフにする」セクションを参考にしてみてください。

今回は「ライブ変換」を有効にする方法についてご紹介します。

「ライブ変換」はMacに内蔵された日本語入力システムの機能で、入力された文字を自動的に変換していくものになります。ライブ変換を有効にする方法は以下のとおりです。

ライブ変換を選択する

①メニューバーの入力モード、②ライブ変換の順に選択します。

これでライブ変換の機能が使用できるようになりました。

きょうはと入力する

試しにライブ変換の機能を使ってみましょう。

メモアプリなどに「きょうは」と入力して、「今日は」に自動的に変換されるか確認してみます。

自動的に変換される

入力した文字が自動的に変換されればライブ変換の機能が問題なく有効になっています。

予測変換をオフにする

予測変換をオフにする方法は日本語入力システムによって異なります。

予測変換について

上の画像の赤い矢印で示した部分が予測変換の一覧になります。

今回は「Macに内蔵された日本語入力システムでオフにする方法」と、「Google 日本語入力でオフにする方法」、「ライブ変換をオフにする方法」をご紹介します。

Macの内蔵入力システムの場合

Macに内蔵された日本語入力システムで予測変換をオフにする方法は以下のとおりです。

日本語-ローマ字環境設定を選択する

①メニューバーの入力モード、②“日本語 – ローマ字入力”環境設定を開くの順に選択します。

推測候補表示のチェックマークを外す

キーボードダイアログボックスの入力ソースの画面が表示されます。

日本語 – ローマ字入力を選択し、②推測候補表示のチェックマークを外します。

これで予測変換をオフにすることができました。

きょうはと入力してみる

試しにメモアプリなどに任意の文字を入力してみましょう。

今回は「きょうは」と入力しましたが、「今日は」等の予測変換は表示されません。

これで予測変換をオフにする設定は完了です。

Google 日本語入力の場合

Google 日本語入力で予測変換をオフにする方法は以下のとおりです。

環境設定を選択する

①メニューバーの入力モード、②環境設定の順に選択します。

チェックを全て外す

Google 日本語入力 環境設定ダイアログボックスが表示されます。

サジェストを選択して、②「サジェストの種類」の3つの項目のチェックマークをすべて外します。

適用ボタン、④OKボタンの順に押します。

これでGoogle 日本語入力で予測変換をオフにすることが出来ました。

きょうはと入力してみる

試しにメモアプリなどに任意の文字を入力してみましょう。

今回は「きょうは」と入力しましたが、「今日は」等の予測変換は表示されません。

これで予測変換をオフにする設定は完了です。

ライブ変換の場合

ライブ変換をオフにする方法は以下のとおりです。

ライブ変換をオフにする

Macに内蔵された日本語入力システムを選択した状態で、①メニューバーの入力モード、②ライブ変換の順に選択します。

これでライブ変換の機能がオフになります。

予測変換がおかしい場合

予測変換は過去に入力された変換を学習して行われます。

予測変換がおかしい場合はリセットを行いましょう。

予測変換のリセット方法については以下のとおりです。

日本語-ローマ字環境設定を選択する

①メニューバーの入力モード、②“日本語 – ローマ字入力”環境設定を開くの順に選択します。

リセットボタンを押す

キーボードダイアログボックスの入力ソースの画面が表示されます。

日本語 – ローマ字入力を選択し、②変換学習のリセットボタンを押します。

リセットを押す

変換学習をリセットしてもよろしいですか?という確認画面が表示されます。

リセットボタンを押すと、変換学習がリセットされます。

また変換がおかしい場合は、日本語入力と英字入力を切り替えると問題が解決する可能性があります。

日本語入力と英字入力の切り替え方法については以下の記事をご参照ください。

Macキーボードの英語と日本語の切り替え方法

MacとWindowsキーボードの切り替え

以下の記事では、MacとWindowsのキーボードを両方使う場合の設定についてや、MacでWindowsキーボードを使ったときの日本語切り替え方法などについてご紹介しています。

最近Macを買ったばかりという方、これまで使用してきたWindowsのキーボードをMacでも使いたいという方は是非参考にしてみてください。

MacとWindowsキーボードの切り替えについて

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\39ショップ限定 エントリーでポイント2倍/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.5
  • Magic Keyboard