りんごはっく

Macキーボードの入力方法まとめ

  • Release

この記事では、Macの入力方法に関する情報についてまとめてご紹介します。

入力ソースやキーボードの環境設定を確認する方法や、キー操作を画面に表示する方法などをご紹介しています。

キーボードの入力がおかしい、遅い等の不具合に関する対処法についてもご紹介していますので参考にしてみてください。

Macキーボードの入力ソースについて

Macキーボードの入力ソースを確認する方法は以下のとおりです。

システム環境設定を選択する

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

入力ソースを選択する

キーボードダイアログボックスが表示されます。

入力ソースを選択すると、赤い矢印で示した部分に現在有効になっている入力ソースが表示されます。

入力ソースに日本語がない場合

英語の入力ソースしかない場合

上の画像のように入力ソースに「ABC」や「英数」等の英字の入力ソースしかない場合は日本語での入力ができません。

この場合は以下の方法で日本語入力ソースを追加しましょう。

+ボタンを押す

+ボタンを押します。

日本語入力ソースを追加する

入力ソースの追加画面が表示されます。

日本語を選択します。

任意の日本語入力ソース(例:日本語 – ローマ字入力)を選択し、③追加ボタンを押します。

日本語入力ソースを追加される

キーボードダイアログボックスに戻ります。

赤い矢印で示した部分に追加した日本語入力ソースが追加されていれば問題なく設定が完了しています。

上記の方法で日本語入力ソースが追加できない、追加画面で日本語入力ソースが表示されない、といった場合はMacを初期化する必要があります。

Macを初期化する方法については以下の記事でご紹介しています。

Macで完全初期化する方法

Macキーボードの入力環境について

キーボードの環境設定を確認する方法をご紹介します。

システム環境設定を選択する

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

キーボードの環境設定について

キーボードダイアログボックスが表示されます。

この画面でキーボードの入力環境の設定を確認することが出来ます。

キー操作を画面に表示する方法

入力したキーが表示される

Macでは外部アプリを使用すると、上の画像のように入力したキーの操作内容を画面に表示することが出来ます。

例えば、チュートリアル動画を撮影する際や多くの人の前でソフトの操作を説明する際などに実際に入力したキーを表示できると大変便利です。

今回は「KeyCastr」というアプリを使用する方法をご紹介します。

Keycastrをダウンロードする

KeyCastrにアクセスします。

Code、②Download ZIPの順に選択します。

許可ボタンを押す

ダウンロードを許可しますか?というメッセージが表示されます。

許可ボタンを押します。

ダウンロードファイルを開く

①ブラウザのダウンロードリストを選択し、②keycastr-mainをダブルクリックします。

ダウンロードリストの場所や名前はお使いのブラウザによって異なりますのでご注意ください。

keycastrファイルを開く

keycastr-mainフォルダが開きます。

keycastrを選択します。

binファイルを開く

keycastrフォルダが開きます。

binを選択します。

zipファイルを展開する

binフォルダが開きます。

KeyCastr.app.zipをダブルクリックして展開します。

keycastrを起動する

KeyCastrのアイコンをダブルクリックします。

開くボタンを押す

開いてもよろしいですか?というメッセージが表示されます。

開くボタンを押します。

任意の選択肢を選択する

KeyCastrのアップデートの確認に関するダイアログボックスが表示されるので、任意の選択肢(例:Check Automatically)を選択します。

これでダウンロードが完了しました。

システム環境設定を選択する

KeyCastrを使用する前にセキュリティの設定を行います。

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

セキュリティとプライバシーを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

セキュリティとプライバシーを選択します。

入力監視を選択する

セキュリティとプライバシーダイアログボックスが表示されます。

プライバシー、②入力監視の順に選択します。

画面左下の鍵マークを選択します。

パスワードを使用ボタンを押す

パスワードを使用ボタンを押します。

パスワードを入力する

パスワードの入力画面が表示されます。

Macのパスワードを入力し、②ロックを解除ボタンを押します。

keycastrにチェックマークを入れる

セキュリティとプライバシーダイアログボックスに戻ります。

KeyCastrにチェックマークを入れて、②鍵マークを選択します。

これでKeyCastrが使用できるようになりました。

keycastrを起動する

再度、KeyCastrをダブルクリックして起動します。

大きさなどを調節する

KeyCastrの設定画面が表示されます。

Displayを選択すると、赤い矢印で示した部分で表示の大きさや表示する時間の長さを調節することができます。

入力したキーが表示される

KeyCastrを起動した状態でキーボードを操作すると、上の画像のようにキー入力の内容が表示されます。

キーボードで記号を入力する方法

キーボードに刻印されているもの以外の記号を入力する方法をご紹介します。

control + command + スペースバーを押す

記号を入力したい場所で、control + command + スペースバーを押します。

画面右上のボタンを押す

文字ビューアが起動します。

画面右上の拡大表示ボタンを押します。

文字ビューアが起動する

文字ビューアダイアログボックスが表示されます。

任意のカテゴリ(例:通貨記号)を選択し、②入力したい記号(ドルマーク)をダブルクリックします。

記号が入力できる

記号を入力することが出来ました。

日本語入力する

Macのキーボードで日本語入力に切り替えて入力する方法は以下の記事でご紹介しています。

キーボードには「JISキーボード」「USキーボード」等の種類があります。各キーボードでの切替方法をご紹介していますので参考にしてみてください。

Macキーボードの日本語入力切り替え方法

英語と日本語を切り替える

Macのキーボードで英語入力と日本語入力を切り替える歩法については以下の記事でご紹介しています。

お使いのキーボードが「JISキーボード」なのか「USキーボード」なのかで切り替え方法が異なります。自分のキーボードがどちらか分からない方のために見分け方もご紹介していますので参考にしてみてください。

Macキーボードの英語と日本語の切り替え方法

入力がおかしい場合

Macで入力がおかしい場合の対処法をご紹介します。

入力が遅い

入力が遅い場合は以下の対処法をお試しください。

ケーブルの接続を確認する
ケーブルが正確に挿入されているか確認する

まずは、Macが十分に充電されているか、電源ケーブルは正確に挿入されているかを確認しましょう。

正確に接続するだけでも問題が解決する可能性があります。

Touch Barに入力候補を表示しないようにする

Touch Bar付きのMacではTouch Barに入力候補を表示することができます。

入力が遅くなってしまう場合は、この表示の機能をオフにしてみましょう。

方法の詳細は以下の通りです。

システム環境設定を選択

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

チェックマークを外す

キーボードダイアログボックスが表示されます。

ユーザ辞書を選択し、②「Touch Barに入力候補を表示」のチェックマークを外します。

これでTouch Barの入力候補を非表示に出来ました。

重複するフォントがないか確認する

入力が遅い場合、Macにインストールされているフォントから重複するフォントがないかどうか調べてみましょう。

重複するフォントを削除することで問題が解決する可能性があります。

方法の詳細は以下のとおりです。

Font Bookを起動する

command + スペースバーを押して、Spotlightを起動します。

「font book」と入力しreturnキーを押して、②Font Bookを選択します。

command +Aで全てのフォントを選択する

Font Bookが起動します。

重複するフォントを調べるためにすべてのフォントを選択して検証を行います。

すべてのフォントを選択して、②任意のフォントを選択しcontrol + Aを押します。

フォントの検証を選択する

これでインストールしているすべてのフォントを選択できました。

①メニューバーのファイル、②フォントを検証の順に選択します。

問題がある場合は警告が表示される

フォントを検証ダイアログボックスが表示されます。

検証が終了すると、赤い矢印で示した部分に問題のあるフォントや重複しているフォントがあるかどうかの結果が表示されます。

今回はありませんでしたが、もしも重複しているフォントがあった場合は以下の手順を行いましょう。

重複を解決を選択する

Font Bookの画面に戻ります。

重複しているフォントを右クリックして、②重複を解決を選択します。

これで操作は終了です。

入力の問題が解決したかどうか確認してみましょう。

日本語入力プログラムを再起動する

入力が遅い場合は、アクティビティモニタで日本語入力プログラムを再起動すると問題が解決する場合があります。

方法の詳細は以下のとおりです。

アクティビティモニタを起動する

command + スペースバーを押して、Spotlightを起動します。

「アクティビティモニタ」と入力しreturnキーを押して、②アクティビティモニタを選択します。

検索ボタンを押す

アクティビティモニタダイアログボックスが表示されます。

画面右上の虫眼鏡マークを押します。

日本語入力プログラムを検索して削除する

①検索バーに「日本語入力」と入力しreturnを押します。

日本語入力プログラム – ローマ字入力を選択し、③終了ボタンを押します。

終了ボタンを押す

このプロセスを終了してもよろしいですか?というメッセージが表示されます。

終了ボタンを押します。

日本語入力プログラムが自動的に再起動される

日本語入力プログラムは終了すると自動的に再起動します。

かな入力の方も、同じ手順で一旦終了し再起動しましょう。

二重入力(2回入力)される

文字が二重に入力される

上の画像のように文字が二重に入力されてしまう場合の対処法をご紹介します。

外付けキーボードを再起動する

外付けキーボードをお使いの場合は一旦キーボードを再起動/再接続すると問題が解決する可能性があります。

外付けキーボードを再起動/再接続する方法については以下の記事「キーボードを再起動する方法」セクションをご参照ください。

Macのキーボードを起動する方法(再起動も)

PRAM/NVRAMをリセットする

PRAMとNVRAMはどちらもMacの設定情報などを保存したメモリのことを指します。

文字が二重に入力されてしまう場合、PRAMとNVRAMをリセットすることで問題が解決する可能性があります。

PRAMとNVRAMをリセットする方法については以下の記事を参考にしてください。

MacでPRAMとNVRAMをリセットする方法

Appleに問い合わせる

キーが歪んでいたり潰れたりしてしまっている等、キーボードの物理的な故障によって二重入力されている場合は修理が必要です。

アップルサポートにアクセスして、Apple IDでログイン後ご自身の製品を選択して問い合わせを行いましょう。

入力ができない場合

入力ができない場合の対処法をご紹介します。

日本語入力ができない

日本語入力ができない場合は、上記「Macキーボードの入力ソースについて」セクションを参考に、入力ソースに日本語があるかどうかを確認しましょう。

日本語入力ソースが無い場合は、上記「入力ソースに日本語がない場合」セクションを参考に日本語の入力ソースを追加してみてください。

またMacを再起動したり、PRAM/NVRAMをリセットしたりすることで不具合が改善する可能性があります。

Macを再起動する方法については、以下の記事でご紹介しています。Macによって再起動の方法が異なるためお使いのMacに合った方法をお試しください。

Macで再起動するショートカットキー

PRAM/NVRAMをリセットする方法については、上記「PRAM/NVRAMをリセットする」セクションを参考にしてみてください。

キーボードが反応しない

キーボードが反応しない場合はキーボードの再起動や再接続を行ってみましょう。

方法の詳細については以下の記事でご紹介しています。

Mac起動時にキーボードが認識しない場合の対処法などについてもご紹介していますので参考にしてみてください。

Macのキーボードを起動する方法(再起動も)

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.5
  • Magic Keyboard