りんごはっく

MacのJIS(日本語)配列キーボードについて

  • Release
  • Update

この記事では、MacのJIS(日本語)配列キーボードについての様々な情報をまとめてご紹介します。

USキーボードとJISキーボードの具体的な違いや、JISキーボードとUSキーボードを切り替える方法などについてご紹介しています。

今までJISキーボードを使用していてUSキーボードに買い換えようか迷っている方等はぜひ参考にしてみてください。

MacのUSキーボードとJISキーボードの違い

USキーボードとJISキーボードの違いについてご紹介します。

英数キーとかなキーがない

JISキーボードには日本語入力と英字入力を切り替える「英数キー」と「かなキー」がありますが、USキーボードにはありません。

かなキー英数キーがある

上の画像はJISキーボードです。

赤い矢印で示した場所に英数キーとかなキーがあり、キーを押すことで日本語入力と英字入力を切り替えることが出来ます。

commandキーになっている

上の画像はUSキーボードです。

赤い矢印で示した場所には、英数キーとかなキーではなくcommandキーがあります。

controlキーとCaps Lockキーの位置が反対

USキーボードとJISキーボードではcontrolキーとCaps Lockキーの位置が反対に配置されています。

JISキーボードのcontrolキーの位置

上の画像はJISキーボードです。

画像左上にcontrolキー、左下にCaps Lockキーがあります。

USキーボードのCaps Lockキーの位置

上の画像はUSキーボードです。

JISキーボードとは反対に、画像左上にCaps Lockキー、左下にcontrolキーがあります。

ショートカットキーなどを頻繁に使用する方等、controlキーとCaps Lockキーの位置が反対になっていると使いづらいという方はキーの配置を変更することもできます。

controlキーなどの修飾キーの位置を変更する方法については、以下の記事「修飾キーの配置がMac内蔵キーボードとは異なる」セクションをご参照ください。

MacでUSキーボードを利用したときのショートカットキー

returnキーの大きさが異なる

USキーボードとJISキーボードではreturnキーの大きさが異なります。

JISキーボードのreturnキーの位置

上の画像はJISキーボードのreturnキーです。

縦長のブロックのような形になっています。

USキーボードのreturnキーの位置

上の画像はUSキーボードのreturnキーです。

横長で、JISキーボードに比べるとサイズが小さいです。

JISキーボードの大きさに慣れている方にとってはUSキーボードのreturnキーは小さく感じる可能性があります。

ただ、横長のためキーボードのホームポジションの位置からは近くなります。少しの差ですがホームポジションからあまり手を動かさなくてもreturnキーを押せるのはUSキーボードです。

アットマークやカギ括弧の位置が異なる

USキーボードとJISキーボードでは、アットマークやカギ括弧等の記号の配置が異なります。

JISキーボードの記号の配列

上の画像はJISキーボードです。

  • アットマーク
  • カギ括弧
  • プラスとマイナス

上記の記号を取り上げて赤字で示しました。

USキーボードの記号の配列

上の画像はUSキーボードです。それぞれの記号の配置がJISキーボードとは異なっています。

またカギ括弧はキーには表記されておらず、日本語入力が有効な状態のときに全角でキーボードの[と](プラス記号の下)を押すとカギ括弧が入力できます。

MacのJISキーボードの設定方法

MacのJISキーボードでの様々な設定方法をご紹介します。

日本語の切り替え方法

日本語入力に切り替える

JISキーボードで英字入力を日本語入力に切り替えたい場合は、上の画像の赤い矢印で示した場所にある「かなキー」を押すことで可能です。

JISキーボードでの日本語入力の切り替え方法についての詳細については、以下の記事「かなと英数を切り替える方法」セクションをご参照ください。

Macキーボードの英語と日本語の切り替え方法

キー配列(JIS/US)を切り替える

新しいキーボードをMacに接続すると、「キーボード設定アシスタント」というアプリが自動的に起動してキーボードのキー配列を設定することができます。

お手持ちのキーボードのキー配列を切り替えたい場合にも使用できるアプリですが場合によっては表示されないことがあるようです。

キーボード設定アシスタントが起動しない場合「Karabiner-Elements」というアプリをダウンロードすると起動する可能性があります。

Karabiner-Elementsのダウンロード方法については、以下の記事「外部アプリを使って切り替える」セクションをご参照ください。

Macキーボードの英語と日本語の切り替え方法

以下ではKarabiner-Elementsをダウンロードした後、キー配列を切り替える方法をご紹介します。

システム環境設定を選択する

キー配列を変更したいキーボードが外付けキーボードの場合は、あらかじめMacに接続しておきましょう。

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

キーボードの種類を変更ボタンを押す

キーボードダイアログボックスが表示されます。

キーボードの種類を変更ボタンを押します。

続けるボタンを押す

キーボード設定アシスタントダイアログボックスが表示されます。

続けるボタンを押します。

キーを押す

「左Shiftキーの右隣のキーを押してください」というメッセージが表示されます。

お使いのキーボードの左Shiftキーのすぐ右隣のキーを押しましょう。

キーを押す

「右Shiftキーの左隣のキーを押してください」というメッセージが表示されます。

お使いのキーボードの右Shiftキーのすぐ左隣のキーを押しましょう。

完了ボタンを押す

キーボードの種類の変更画面が表示されます。

①表示されたキー配列から任意の配列(例:JIS)を選択して、②完了ボタンを押します。

もしもUS配列に切り替えたい場合は「ANSI配列」を選択すると、JISキーボード上でUS配列に近いキー配列を使用することができます。

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\24時間限定! 50%以上割引SALE/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.5
  • Magic Keyboard