りんごはっく

Macでスクリーンショットを撮るアプリ(ソフト)のご紹介

  • Release

この記事では、Macでスクリーンショットを撮るアプリ(ソフト)をご紹介します。

Macにはデフォルトでも簡単にスクリーンショットを撮影できる機能が搭載されていますが、編集やWebカメラの映像も撮影したいという場合は以下でご紹介するアプリ(ソフト)を使いましょう。

画面録画が出来るアプリ(ソフト)についてもご紹介しています。

Macでスクリーンショットを撮るアプリのご紹介

Macでスクリーンショットを撮影する際に役立つアプリをご紹介します。

Monosnap

Monosnapについて

Monosnapは、無料で使用できるスクリーンショット撮影アプリです。

スクリーンショットの撮影以外にも、テキストや矢印、図形を追加するなどの編集も可能です。手書きのテキストも追加できます。

以下のリンクからアクセスして、App Storeを開きインストールしましょう。

Monosnap – screenshot editor

以下では、Monosnapのインストール方法から基本的な使い方までをご紹介します。

入手ボタンを押す

App Storeで「Monosnap – screenshot editor」にアクセスし、入手ボタンを押します。

インストールボタンを押す

インストールボタンを押します。

サインインする

サインイン画面が表示されたら、①Apple ID、②パスワードを入力し、③入手ボタンを押します。

開くボタンを押す

インストールが終わったら、開くボタンを押します。

システム環境設定を選択する

次に「Monosnap – screenshot editor」のプライバシー設定を変更します。

アップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

セキュリティとプライバシーを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

セキュリティとプライバシーを選択します。

画面収録を選択して鍵マークを押す

セキュリティとプライバシーダイアログボックスが表示されます。

画面収録、②鍵マークの順に選択します。

パスワードを入力する

システム環境設定の確認画面が表示されます。

Macのパスワードを入力し、②ロックを解除ボタンを押します。

鍵マークを選択する

「Monosnap」にチェックマークを入れて、②鍵マークを押します。

これで、Monosnapを使用できます。

スクリーンショットを撮影する

全画面撮影をしてみます。

①メニューバーの「Monosnap」、②「Capture Fullscreen」の順に選択します。

画面撮影ができる

これで、Monosnapを使ってスクリーンショットを撮影することが出来ました。

保存する場合は画面右上の「Save」、編集したい場合は画面左下のツールから操作しましょう。

Lightshot Screenshot

Lightshotについて

Lightshot Screenshotは、無料で使用できるスクリーンショット撮影アプリです。

撮影したスクリーンショットを使って、Googleで画像検索をすることもできます。

以下のリンクからアクセスして、上記「Monosnap」セクションを参考にインストールしてみましょう。

Lightshot Screenshot

以下では、Lightshot Screenshotの基本的な使い方をご紹介します。

スクリーンショットをとる

画面を切り取って撮影してみます。

①メニューバーの「Lightshot Screenshot」、②「Take screenshot」の順に選択します。

ドラッグしてスクリーンショットの範囲を決める

Lightshot Screenshotが起動します。

撮影したい範囲を選択し、②保存ボタンを押します。

保存する

Saveダイアログボックスが表示されます。

任意の名前を入力し、②保存場所を選択します。

Saveボタンを押します。

スクリーンショットを撮影する

これで、Lightshot Screenshotでスクリーンショットが撮影できました。

Skitch

Skitchについて

SkitchはEvernote社が提供する画像編集ツールです。

スクリーンショットを撮影して文字やモザイクを入れることはもちろん、矢印やマーカーなどのイラストを挿入することもできます。

以下のリンクからアクセスして、上記「Monosnap」セクションを参考にインストールしてみましょう。

Skitch

以下では、Skitchの基本的な使い方をご紹介します。

十字スナップショットを選択する

画面を切り取って撮影してみます。

①メニューバーの「Skitch」、②「十字スナップショット」の順に選択します。

範囲選択する

Skitchが起動します。

撮影したい範囲をドラッグして範囲選択します。

キャプチャボタンを押す

ドラッグをやめると、保存画面が現れます。

キャプチャボタンを押します。

skitchが起動して編集できる

Skitchの編集画面が表示されます。

矢印やモザイクの挿入を行う場合はこの場面で操作しましょう。

Macで録画するアプリのご紹介

Macで画面録画ができるアプリをご紹介します。

Demo creator

DemoCreatorについて

Demo creatorは、画面録画や動画編集のためのソフトです。

Webカメラの映像も同時に録画することができるため、解説動画やチュートリアル動画を撮るのにも向いています。

無料版がありますが「録画時間は10分まで」「動画ファイルに透かしが入る」等の制限があります。有料版は年間プランが4,860円(税込)、永続ライセンスが7,460円(税込)です。

以下のリンクよりインストールしましょう。

Demo creator

以下では、Demo creatorの基本的な使い方をご紹介します。

DemoCreatorが起動する

インストール後、Demo creatorを起動すると上の画像のような画面が表示されます。

PC画面とWebカメラを選択します。

録画ボタンを押す

撮影したい範囲の選択や、Webカメラや内蔵マイク等の設定を行って、RECボタンを押します。

録画が始まる

これで録画がスタートします。

編集画面が表示される

撮影が終了すると編集画面が表示されます。

Movavi Screen Recorder

Movavi Screen Recorderについて

Movavi Screen Recorderは、画面録画から編集までできる動画ソフトです。

オンライン通話やストリーミングビデオなども撮影することが出来ます。

また操作方法のビデオも用意されているため、マニュアル動画を見ながら操作することも可能です。

無料版がありますが「動画に透かしが入る」等の制限があります。有料版は年間3,850円(税込み)で使用できます。

以下のリンクよりインストールしましょう。

Movavi Screen Recorder

以下では、Movavi Screen Recorderの基本的な使い方をご紹介します。

インストール後録画ボタンを押す

インストール後、Movavi Screen Recorderを起動すると画面の右端にツールが表示されます。

録画ボタンを押します。

画面を範囲選択する

画面内をドラッグして撮影する範囲を決定します。

録画が始まる

録画ボタンを押します。

編集画面が表示される

録画を終えると、上の画像のような編集画面が開きます。

保存やトリミングなどもこの画面から行えます。

このページを見ている人におすすめの商品

Apple MacBook Air M1 2020(13インチ,8GB RAM,256GB SSD,8コアCPU/7コアGPU) スペースグレイ (整備済み品)

Apple MacBook Air M1 2020(13インチ,8GB RAM,256GB SSD,8コアCPU/7コアGPU) スペースグレイ (整備済み品)

Apple(アップル)

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

\ラスト5時間限定セール 最大50%OFF/楽天市場で価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.3.1