りんごはっく

Macでゴミ箱に入れる(ファイル削除する)ショートカットキー

  • Release

この記事では、Macでゴミ箱に入れる(ファイル削除する)ショートカットキーについてご紹介します。

ファイルの削除は頻繁に行う操作ですので、ショートカットキーを使ってスムーズに行えるようになると作業の時間短縮にもつながります。

いらなくなったファイルやフォルダは削除してMacを快適に使っていきましょう。

Macのショートカットキー一覧PDFを入手する

Mac用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもMacのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Macショートカットキー一覧表のPDF販売ページへ

Macでゴミ箱に入れる(ファイル削除する)ショートカットキー

ショートカットキーを使って、ファイルをゴミ箱に入れる方法をご紹介します。

作業時間:1分

ファイルを選択してショートカットキーを押す

ファイルを選択してcommand + deleteを押す

削除したいファイルを選択して、command + deleteを押します。

ファイルがゴミ箱に移動する

ファイルがゴミ箱に入る

選択したファイルがゴミ箱に移動しました。

ゴミ箱から戻すショートカットキー

ゴミ箱に入れたファイルを戻すショートカットキーをご紹介します。

ただし、このショートカットキーは「直前の処理を戻す」という意味のショートカットキーになります。

そのため、ファイルをゴミ箱に入れた後に別の操作をしてしまうとショートカットキーでゴミ箱からファイルを戻すことができなくなるのでご注意ください。

command + Zを押す

ファイルをゴミ箱に入れた直後に、command + Zを押します。

ゴミ箱からファイルが戻る

ゴミ箱に入れたファイルが元に戻ります。

ゴミ箱に入れるショートカットキーが効かない場合

ゴミ箱に入れるショートカットキーが効かない場合は、もう一度正しくキーを押せているかを確認しましょう。

また、ゴミ箱に入れるショートカットキーではなく、ゴミ箱に入れずに即削除するショートカットキーを押してみると削除できる可能性もあります。

方法の詳細は以下の通りです。

ファイルを選択してopition + command + deleteを押す

削除したいファイルを選択して、option + command + deleteを押します。

削除ボタンを押す

ファイルやフォルダを削除してもよろしいですか?という確認メッセージが表示されます。

削除ボタンを押します。

削除される

ファイルが削除されましたが、ゴミ箱に入れずに削除するショートカットキーのためゴミ箱には入っていません。

ゴミ箱に入れるショートカットキーが効かない場合は、ゴミ箱にいれず即削除するショートカットキーを試してみてください。

このページを見ている人におすすめの商品

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応


47ページ

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

\ラスト5時間限定セール 最大50%OFF/楽天市場で価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4
  • Magic Keyboard