りんごはっく

MacのFinderに関するショートカットキー

  • Release

Macではファイルやフォルダの操作は、すべてFinderアプリで行います。

この記事では、MacのFinderに関するショートカットキーについてご紹介します。

Finderを起動する、新しいフォルダを作成する、ファイルを削除する、ファイルパスの入力画面を表示するなどのショートカットキーについてご説明しています。

Macのショートカットキー一覧PDFを入手する

Mac用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもMacのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Macショートカットキー一覧表のPDF販売ページへ

MacのFinderに関するショートカットキー

Finderでの操作をスムーズにするショートカットキーについてご紹介します。

Finderを起動するショートカットキー

ショートカットキーを使ってFinderを起動する方法をご紹介します。

作業時間:1分

ショートカットキーを押す
opiton + command + スペースバーを押す

option + command + スペースバーを押します。

Finderが起動する
Finderが開く

Finderが起動しました。option + command + スペースバーというショートカットキーは、Finderの検索画面を表示するショートカットキーですので、「"このMac"を検索」という画面が表示されました。

Finderに新しいフォルダを作成する

ショートカットキーを使ってFinderに新しいフォルダを作成する方法は以下の通りです。

shift + command + Nを押す

Finderで新しいフォルダを作成したい場所(例:デスクトップ)を開きます。

shift + command + Nを押します。

新しいフォルダが作成される

新しいフォルダが作成されます。

Finderで画面移動する

Finderで前のフォルダに戻ったり次のフォルダへ進んだりするショートカットキーについて以下の表にまとめました。

ショートカットキー操作の内容
command + [前のフォルダへ戻る
command + ]次のフォルダへ進む
command + ↑(上矢印)親フォルダへ移動する

以下では、上記のショートカットキーを使って画面移動を行う方法をご紹介します。

ショートカットキーを押す

まずは1つ前のフォルダに戻ってみます。

command + [を押します。

他のフォルダに移動する

1つ前に開いていたフォルダが表示されます。

次にフォルダに進むためには、command + ]を押します。

ショートカットキーを押す

先ほど表示していたフォルダに進みました。

戻る/進むのショートカットキーでは、Macが操作を記憶している範囲内でのみ戻ったり進んだりすることができます。

一旦シャットダウンなどを行うと操作がリセットされ、ショートカットキーで戻ったり進んだりすることができなくなりますのでご注意ください。

Finderでファイルの操作を行う

Macでのファイルの操作は、Finder上で行います。

  • ファイルを開く
  • ファイルを切り取る
  • ファイルを移動する
  • ファイルを削除する
  • ファイルを複製する
  • ファイル名を変更する
  • ファイルを全て選択する
  • 隠しファイルを表示する
  • ファイルのショートカットを作成する

上記の操作はすべてショートカットキーで行うことが可能です。

Finder上で行うファイル操作のショートカットキーについては以下の記事にまとめています。

Macのファイルに関するショートカットキー

Finderのファイルを削除する

Finderでファイルを削除する場合は、ファイルをゴミ箱に移動させます。

ショートカットキーを使うことでもファイルをゴミ箱に入れることが可能です。

ショートカットキーを使ってファイルを削除する方法については以下の記事をご参照ください。

Macでゴミ箱に入れる(ファイル削除する)ショートカットキー

Finderでフォルダに移動する

FinderからはアプリケーションフォルダやiCloud Driveなど様々なフォルダやウィンドウにアクセスすることができます。

フォルダやウィンドウに移動するショートカットキーについて以下の表にまとめました。

ショートカットキー操作の内容
shift + command + C「コンピュータ」ウィンドウを開く
shift + command + D「デスクトップ」フォルダを開く
shift + command + F「最近使った項目」ウィンドウを開く
shift + command + Hユーザーアカウントのホームフォルダが開く
shift + command + IiCloud Driveが開く
shift + command + K「ネットワーク」ウィンドウを開く
option + command + L「ダウンロード」フォルダを開く
shift + command + A「アプリケーション」フォルダを開く
shift + command + S「共有」フォルダを開く
shift + command + U「ユーティリティ」フォルダを開く
shift + command + R「AirDrop」フォルダを開く
shift + command + O「書類」フォルダを開く

以下では、上記のショートカットキーを使ってフォルダに移動する方法をご紹介します。

今回はデスクトップフォルダからアプリケーションフォルダに移動してみます。

他のフォルダに移動する

Finderでデスクトップフォルダを開いた状態で、shift + command + Aを押します。

ショートカットキーを押す

アプリケーションフォルダが開きました。

必ずFinderをアクティブにした状態でショートカットキーを押すようにしましょう。

ファイルパスの入力画面を表示する

「ファイルパス」とはMac上でのファイルやフォルダの住所のようなものです。

パスがわかる場合はパスを入力することで対象のファイルやフォルダに直接アクセスすることができます。

以下では、Finderでショートカットキーを使ってファイルパスの入力画面を表示させる方法をご紹介します。

shift + command + Nを押す

Finderを起動して、shift + command + Gを押します。

パスを入力する

ファイルパスの入力画面が表示されます。

任意のファイルパス(例:Google Chromeのパス)を入力し、②移動先を選択するかreturnを押します。

フォルダに移動する

これでショートカットキーでファイルパス入力画面を起動し、任意のファイルにアクセスすることができました。

このページを見ている人におすすめの商品

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応


47ページ

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

\ラスト5時間限定セール 最大50%OFF/楽天市場で価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4