りんごはっく

Macでスクリーンセーバーを起動するショートカットキー

  • Release

この記事では、Macでスクリーンセーバーを起動するショートカットキーをご紹介します。

Macから一時的に離席する際にスクリーンセーバーをパスワード付きで設定しておくと、セキュリティ面の安全性を保つことができます。

以下では、ショートカットキー以外でスクリーンセーバーを起動したい場合の方法についてもご紹介しています。

Macのショートカットキー一覧PDFを入手する

Mac用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもMacのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Macショートカットキー一覧表のPDF販売ページへ

Macでスクリーンセーバーを起動するショートカットキー

Macにはスクリーンセーバーを起動するショートカットキーはありません。ただし、画面をロックするショートカットキーはデフォルトで存在します。

画面をロックした場合は再びMacを使用する際にパスワードの入力が必要ですが、ログアウトの操作とは異なるためウィンドウが閉じてしまうことはありません。

以下の記事「Macで画面ロックするショートカットキー」セクションをご参照ください。

Macで画面ロックするショートカットキー

ショートカットキー以外で起動したい場合

画面ロックのための「control + command + Q」というショートカットキーは、ログアウトするための「shift + command + Q」やアプリケーション終了のための「command + Q」に似ているために万が一押し間違えてしまうと作業が全て中断されてしまいます。

押し間違いを避けるためにショートカットキー以外でスクリーンセーバーを起動したい、画面をロックしたいという方は以下の方法を参考にしてみてください。

ホットコーナーに割り当てる

Macには画面の四隅にマウスポインターを移動させることであらかじめ設定した操作ができる「ホットコーナー」という機能があります。

スクリーンセーバーの起動や画面のロックをホットコーナーに割り当てることが可能です。

方法の詳細は以下の通りです。

システム環境設定を選択する

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

デスクトップとスクリーンセーバを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

デスクトップとスクリーンセーバを選択します。

任意のスクリーンセーバーを選択してホットコーナーボタンを押す

デスクトップとスクリーンセーバダイアログボックスが表示されます。

スクリーンセーバを表示にチェックマークを入れて、②任意のスクリーンセーバーの画面(例:Monterey)を選択します。

ホットコーナーボタンを押します。

任意の角にスクリーンセーバーの起動を割り当てる

画面のコーナーへの機能割り当てダイアログボックスが表示されます。

任意の隅で「スクリーンセーバを開始する」を選択します。今回は左下に割り当てました。

OKボタンを押します。

セキュリティとプライバシーを選択する

次にセキュリティ面を強化するために、スクリーンセーバーから戻る際にパスワードを入力するように設定します。

システム環境設定ダイアログボックスに戻り、セキュリティとプライバシーを選択します。

すぐにを選択する

セキュリティとプライバシーダイアログボックスが表示されます。

「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」で「すぐに」を選択します。

パスワードを入力する

パスワードの入力画面が表示されます。

パスワードを入力して、②OKボタンを押します。

これでホットコーナーの設定は完了です。

マウスポインターを角に移動させる

実際にスクリーンセーバーが起動するかどうか確かめてみましょう。

マウスポインターを、先ほどスクリーンセーバーの起動を設定した画面の隅(例:左下)に移動させます。

画面がロックされる

画面がスクリーンセーバーに切り替わり、パスワードの入力欄が表示されました。

Touch barをカスタマイズする

Touch bar付きのMacをお使いの場合は、Touch barにスクリーンセーバーを起動させるボタンを配置することも可能です。

方法の詳細は以下の通りです。

システム環境設定を選択する

まずはスクリーンセーバーから戻る際にパスワードを入力するように設定します。

パスワードの入力が不要な方は設定しなくても構いません。

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

セキュリティとプライバシーを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

セキュリティとプライバシーを選択します。

すぐにを選択する

セキュリティとプライバシーダイアログボックスが表示されます。

「スリープとスクリーンセーバの解除にパスワードを要求」で「すぐに」を選択します。

パスワードを入力する

パスワードの入力画面が表示されます。

パスワードを入力して、②OKボタンを押します。

キーボードを選択する

次にTouch barのカスタマイズを行います。

システム環境設定ダイアログボックスに戻って、キーボードを選択します。

Control Stripをカスタマイズボタンを押す

キーボードダイアログボックスが表示されます。

Control Stripをカスタマイズボタンを押します。

スクリーンセーバを下にドラッグする

スクリーンセーバもしくは画面をロックを選択して、下に向かってドラッグすることでTouch barに機能が追加されます。

完了ボタンを押します。

Touch barに追加される

Touch barを確認して「スクリーンセーバ」のボタンがあれば問題なくTouch barに機能を追加できています。

スクリーンセーバーを起動させたい場合は設定したボタンを押しましょう。

このページを見ている人におすすめの商品

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応


47ページ

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

\ラスト5時間限定セール 最大50%OFF/楽天市場で価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4
  • Magic Keyboard