りんごはっく

Macで言語を切り替えるショートカットキー

  • Release

この記事では、Macで言語を切り替えるショートカットキーをご紹介します。

文字入力の作業中に、ショートカットキーを使って日本語入力と英語入力を切り替えることができると作業の効率が上がります。

以下では、JISキーボードとUSキーボードに分けて入力言語を切り替えるショートカットキーや設定をご紹介します。

Macのショートカットキー一覧PDFを入手する

Mac用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもMacのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Macショートカットキー一覧表のPDF販売ページへ

Macで言語を切り替えるショートカットキー

ショートカットキーを使って入力言語を切り替える方法をご紹介します。

キーボードごとに切り替える方法を分けてご紹介していますので、お使いのキーボードにあった方法をお試しください。

JISキーボードで言語を切り替える

まずはJISキーボードで入力言語を切り替える方法をご紹介します。

JISキーボードについて

JISキーボードはJIS(日本工業規格)で規定された日本語のキーボード配列に準拠するキー配列のキーボードを指します。

上の画像はJISキーボードの例です。キーにかな入力の際に使う「ひらがな」が表記されているのが特徴の一つです。

以下ではJISキーボードで、入力言語を切り替える方法をご紹介します。

日本語入力と英語入力を切り替える

MacのJISキーボードで、ショートカットキーを使って入力言語を切り替える方法は以下のとおりです。

かなキーを押す

キーボードのかなを押します。

日本語で入力される

これで、赤い矢印で示したように日本語で入力ができる状態になります。

キーには「かな」と表示してありますが、「かな入力」という意味ではなく「ローマ字で日本語入力」という意味になりますのでご注意ください。

英数キーを押す

次に、「英数」を押します。

英語で入力される

赤い矢印で示したように英数字で入力できる状態になります。

日本語と英語以外の言語に切り替える

日本語と英語以外の入力言語に切り替えるためのショートカットキーは以下の通りです。

今回は例として韓国語に切り替えます。

システム環境設定を選択する

まずは、韓国語の入力ソースを追加します。

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

+ボタンを押す

キーボードダイアログボックスが表示されます。

入力ソースを選択し、②+ボタンを押します。

言語を選択する

入力ソースの選択画面が表示されます。

韓国語、②任意のハングルの入力方式の順に選択し、③追加ボタンを押します。

ハングルが追加される

これで韓国語の入力ソースが追加できました。

control + スペースバーを押す

次に、韓国語の入力ソースにショートカットキーで切り替えます。

control + スペースバーを押します。

スペースバーを複数回押して任意の言語を選択する

入力言語の切り替え画面が表示されます。

controlを押したままスペースバーを複数回押して「ハングル」を選択します。

言語を切り替えられる

メニューバーをみると、赤い矢印で示したように韓国語が入力言語として設定されていることが確認できます。

Caps Lockキーで切り替える

Caps Lockキーを日本語と英語の切り替えキーとして設定することができます。

方法の詳細は以下のとおりです。

システム環境設定を選択する

①メニューバーのアップルメニュー、 ②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

オンの時に「英字」を入力を選択する

キーボードダイアログボックスが表示されます。

入力ソースを選択します。

②Caps Lockの動作で、オンの時「英字」を入力を選択します。

Caps Lockキーを押す

これでキーボードのCaps Lockキーをオンにすると英字が入力できるように設定することができました。

試しに日本語入力の状態で、Caps Lockキーを押してみます。

英語入力に切り替わる

赤い矢印で示したようにキーボードが英語入力の状態になりました。

USキーボードで言語を切り替える

USキーボードとは英語配列のキーボードで、上記「JISキーボードで言語を切り替える」セクションでご紹介したJISキーボードと比べると、キーにかな入力のための「ひらがな」が表示されていない等の違いがあります。

USキーボードについて

上の画像はUSキーボードの例です。

USキーボードをお使いの場合は、上記「Caps Lockキーで切り替える」セクションでご紹介した方法で入力言語の切り替えを行ってみましょう。

また、「Karabiner-Elements」というソフトをダウンロードしてcommandキーで入力言語切り替えを行うこともできます。

今回は「Karabiner-Elements」を使ってUSキーボードで入力言語を切り替えられるようにする方法をご紹介します。

「Karabiner-Elements」のダウンロード方法については、以下の記事「テンキーをショートカットとして割り当てる方法」セクションを参考にインストールしてみてください。

Macでショートカットキーを作成(設定/割り当て)する方法

spotlightでKarabiner-Elementsを検索する

command + スペースバーを押してSpotlightを起動します。

「Karabiner」と入力して、②「Karabiner-Elements」を選択します。

Add ruleボタンを押す

Karabiner-Elementsが起動します。

Complex Modificationsを選択し、②Add ruleボタンを押します。

Import more rulesボタンを押す

Import more rules from the Internetボタンを押します。

Internationalを選択する

ブラウザで「Karabiner-Elements complex_modifications rules」の画面が開きます。

「International(Language Specific)」を選択します。

Importボタンを押す

「For Japanese(日本語環境向けの設定)」のImportボタンを押します。

開くボタンを押す

「Karabiner-Elements を開きますか?」というメッセージが表示されます。

Karabiner-Elementsを開くボタンを押します。

Enableボタンを押す

「For Japanese(日本語環境向けの設定)」の設定一覧が表示されます。

今回は、「コマンドキーを単体で押した時に、英数・かなキーを送信する。」のEnableボタンを押します。

キー設定が追加される

Karabiner-Elementsにコマンドキーで入力言語切り替えを行うための設定が追加されました。

左側のcommandキーを押す

試しにUSキーボードでcommandを押して入力言語を切り替えてみましょう。

左のcommandを押します。

英語で入力される

左のcommandキーは英数に設定されているため、赤い矢印で示したように英数字での入力ができました。

右側のcommandキーを押す

次に、右のcommandを押します。

日本語で入力される

左のcommandキーはかなに設定されているため、赤い矢印で示したように日本語での入力ができました。

このページを見ている人におすすめの商品

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応


47ページ

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.5
  • Magic Keyboard