りんごはっく

Macでウィンドウサイズのショートカットキーを変更する方法

  • Release

Macでは様々なショートカットキーを使うことができ、ウィンドウサイズの拡大や縮小もショートカットキーで行うことが出来ます。

この記事では、Macでウィンドウサイズのショートカットキーを変更する方法をご紹介します。

ショートカットキーをより使いやすいものに変更して、作業の効率アップを図りましょう。

Macのショートカットキー一覧PDFを入手する

Mac用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもMacのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Macショートカットキー一覧表のPDF販売ページへ

Macでウィンドウサイズのショートカットキーを変更する方法

ウィンドウサイズのショートカットキーを変更する方法をご紹介します。

ショートカットキーを変更する

Macでは既存のショートカットキーを変更することが可能です。

ただし、ウィンドウサイズの変更がどんな操作名なのかはアプリによって異なるためアプリごとに変更する必要があります。

以下ではSafariアプリを例にあげてウィンドウサイズのショートカットキーを変更する方法をご紹介します。

操作名を確認する

まずは、ウィンドウサイズの変更の操作名を確認します。

メニューバーのウインドウを選択すると、赤い矢印で示した部分でSafariのウィンドウサイズの変更の操作名(例:拡大/縮小)が確認できます。

この操作名は後ほどショートカットキーの設定を行う際に必要になりますので、メモに取るなどして覚えておきましょう。

操作名はアプリごとに異なるため必ず確認が必要です。

システム環境設定を選択する

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

+ボタンを押す

キーボードダイアログボックスが表示されます。

ショートカット、②アプリケーションの順に選択し、③+ボタンを押します。

ショートカットキーを設定する

ショートカットキーの設定画面が表示されます。

①「アプリケーション」で「Safari」を選択します。

②「メニュータイトル」に先ほど確認した操作名(例:拡大/縮小)を一字一句間違えずに入力します。

③「キーボードショートカット」に、実際にキーボードを押してショートカットを入力します。今回はshift + command + Yを設定しました。

追加ボタンを押します。

設定が完了する

キーボードダイアログボックスに戻ります。

赤い矢印で示した部分にショートカットキーが表示されていれば問題なくウィンドウサイズのショートカットキーが変更できています。

ショートカットキーを使用する

試しに、ショートカットキーを使ってみましょう。

Safariを起動して、先ほど設定したショートカットキー(例:shift + command + Y)を押します。

ショートカットキーで縮小できる

ウィンドウが小さくなりました。

Safariの場合は、拡大と縮小を同じショートカットキーで切り替えられますが、アプリによっては操作が別れている場合もありますので必ず確認してから変更するようにしましょう。

新しくショートカットキーを作成する

ウィンドウサイズのショートカットキーを変更したい場合や、どれくらいの画面のサイズで拡大/縮小したいかを決めて変更したい場合は「ショートカットアプリ」でショートカットを作成することも可能です。

ショートカットアプリの詳細については、以下の記事をご参照ください。

Macのショートカットアプリの使い方

以下では、ショートカットアプリを使ってSafariのウィンドウサイズを変更するショートカットを作成する方法についてご紹介します。

command + スペースバーを押す

command + スペースバーを押します。

ショートカットと入力する

Spotlightが起動します。

ショートカットを入力してreturnを押し、②ショートカットアプリを選択します。

+ボタンを押す

ショートカットアプリが起動しました。

+ボタンを押します。

ウインドウを検索をドラッグする

まずは、ウィンドウを検索するアクションを追加します。

画面右上の検索バーに「ウインドウを検索」と入力し、②「ウインドウを検索」の項目を選択して画面左側にドラッグします。

ボタンを押す

フィルタを追加ボタンを押します。

タイトルを選択する

どんな条件でウィンドウを検索するのかを設定します。

最終的に「Appの名前」「が次と等しい」「Safari」というフィルタを設定します。

タイトルを選択します。

Appの名前を選択する

今回は「Safari」のショートカットキーを変更するため、プルダウンメニューから「Appの名前」を選択します。

Safariと入力する

次に、アプリ名として「Safari」を入力します。

これでSafariを検索するフィルターを作成することができました。

ウィンドウのサイズの変更をドラッグする

次にウィンドウサイズの変更のアクションを設定します。

検索バーに「サイズ」と入力し、②「ウインドウのサイズを変更」を選択し、画面左側にドラッグします。

画面に合わせるを選択する

次に変更する際のサイズを設定します。

「画面に合わせる」を選択します。

大きさを選択する

プルダウンメニューから「大きさ」を選択します。

数値を入力する

ウィンドウサイズの数値(例:800と600)を入力します。

これでウィンドウのサイズを指定することができました。

表示を増やすボタンを押します。

最前面へにチェックマークを入れる

「最前面へ」にチェックマークを入れます。

これで、Safariが起動していれば最前面に表示してウィンドウサイズの変更を行うという設定ができました。

キーボードショートカットを追加ボタンを押す

詳細を選択し、②サービスメニューにチェックマークを入れます。

キーボードショートカットを追加ボタンを押します。

ショートカットキーを押す

「次で実行」にショートカットキーを設定できる状態になるため、実際にキーボードを押してショートカットキーを作成します。

今回はshift + command + O(オー)を設定しました。

これでショートカットアプリを使って、ウィンドウサイズ変更のショートカットキーをサイズを指定して設定することができました。

ショートカットキーを押す

試しにショートカットキーを使用してみましょう。

Safariを起動して、先ほど設定したショートカットキー(例:shift + command + O)を押します。

ウィンドウサイズが変更になる

設定した大きさにウィンドウサイズが変更されました。

外部アプリを使用する

shiftitについて

ウィンドウサイズのショートカットキーの変更を手軽に行いたい場合は、外部アプリを使用するのもおすすめです。

上の画像は「Shiftit」という画面分割アプリのWebサイトです。

「Shiftit」では画面の拡大/縮小の他、「左寄せ」「右寄せ」等のショートカットキーも自由に変更することが出来ます。

「shiftit」のインストールについては以下の記事をご参照ください。

Macで画面分割(2画面分割)するショートカットキー

このページを見ている人におすすめの商品

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応


47ページ

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4