りんごはっく

Macで利用するWindowsキーボードの設定について

  • Release

この記事では、MacでWindowsのキーボードを利用する際の設定方法についてご紹介します。

Macに「Macキーボード」と「Windowsキーボード」の両方を接続/切り替えする方法や、WindowsのキーボードをMac風にカスタマイズする方法について解説しています。

MacでWindowsキーボードをより使いやすくする設定をそれぞれご紹介しますので、参考にしてください。

MacとWindowsキーボードの切り替え

Macには、Mac用のキーボードだけでなく、WindowsPC用のキーボードも接続することができます。

以下の記事では、MacとWindowsキーボードの切り替え方法についての情報をまとめています。

Macに「Macキーボード」と「Windowsキーボード」をそれぞれ接続して切り替える方法をご説明していますので、両方のキーボードを使う場合には参考にしてください。

そのほか、MacでWindowsキーボードを使用しているときの日本語切り替え方法もご紹介していますので、あわせてご覧ください。

MacとWindowsキーボードの切り替えについて

WindowsのキーボードをMac風にする

英数かな

Windowsのキーボードには、Macのキーボードにあるような「英数/かな」キーはありません。

以下の記事では、Windowsの「無変換/変換」キーをMac風にカスタマイズする方法をご紹介しています。

WindowsキーボードでMacのように英語/日本語入力を切り替えたい場合は、参考にしてみてください。

WindowsのキーボードをMac風にする方法

MacのキーボードをWindows風にする

Mac標準のIMEは、「returnキーを2回押さないと確定できない」「入力の最中、勝手に変換される」といった特徴があります。

Macのキー操作をWindows風に変更したい場合は、以下の記事を参考に設定を変更してみてください。

MacのキーボードをWindows風にする方法

Karabiner-Elementsを使ってキーをカスタマイズする

WindowsのキーボードをMacに接続して使う際、Karabiner-ElementsでキーをMac風にカスタマイズすると便利です。

「Karabiner-Elements」とは、Macに接続したキーボードのマッピングを自由に変更できる無料アプリです。

以下では、Karabiner-Elementsのインストール方法/キー設定を変更する方法をご紹介します。

Karabiner-Elementsをダウンロードする

Karabiner-Elementsにアクセスします。

Download v14.5.0を選択し、Karabiner-Elementsをダウンロードします。

インストーラを開く

Finder、②ダウンロードの順に選択し、③Karabiner-Elements-14.5.0.dmgをダブルクリックします。

パッケージを開く

Karabiner-Elements-14.5.0ダイアログボックスが表示されます。

Karabiner-Elements.pkgをダブルクリックします。

続けるボタンを押す

Karabiner-Elements 14.5.0のインストールダイアログボックスが表示されます。

続けるボタンを押します。

インストールボタンを押す

インストールボタンを押します。

閉じるボタンを押す

これでKarabiner-Elementsのインストールが完了しました。

閉じるボタンを押します。

ゴミ箱に入れる

“Karabiner-Elements 14.5.0″のインストーラをゴミ箱に入れますか?ダイアログボックスが表示されます。

インストーラはもう必要ありませんので、ゴミ箱に入れるボタンを押します。

アプリを開く

Finderのアプリケーションを選択し、②Karabiner-Elementsをダブルクリックします。

環境設定を開く

機能拡張がブロックされましたダイアログボックスが表示されます。

macOS High Sierra 10.13以降では、このように機能拡張が自動でブロックされます。

ブロックを解除するには、“セキュリティ”環境設定を開くボタンを押します。

カギを選択する

システム環境設定のセキュリティとプライバシーが表示されます。

画面左下のカギを選択します。

パスワードを入力する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されました。

Macのログインパスワードを入力し、②ロックを解除ボタンを押します。

許可ボタンを押す

①「アプリケーション”Karabiner-VisualHIDDevice-Manager”のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました」の横にある許可ボタンを押します。

②設定を変更できないようにするため、カギを選択します。

キー設定を変更する

これでKarabiner-Elementsを使用できるようになりました。

キーをカスタマイズするにはKarabiner-Elementsを開き、①Simple Modifications、②キーをカスタマイズしたいWindowsキーボード(例:USB Keyboard)、③Add itemの順に選択します。

変更したいキーを選択する

試しに、Windowsキーボードの「無変換」キーに「英数」キーを割り当ててみましょう。

①左側のプルダウンメニュー、②Japanese、③PCキーボードの無変換キーの順に選択します。

キーの変更先を指定する

①右側のプルダウンメニュー、②Japanese、③英数キーの順に選択します。

キー設定を変更できた

これで、Windowsキーボードの無変換キーに英数キーを割り当てることができました。

無変換キーを押すと、英語入力に切り替わるようになります。

他のキーも変更する

WindowsキーボードをよりMacキーボードの操作感に近づけるには、以下のようにキーをカスタマイズします。

  • PCキーボードの変換キー → かなキー
  • caps_lock → left_control
  • left_control → caps_lock
  • PCキーボードのかなキー → right_command
  • left_option → left_command
  • left_command → left_option
WindowsとMacの比較

文字だけだと分かりづらいかもしれませんが、こちらはWindowsのキーをMacのキー配置と同じように設定した例です。

WindowsキーボードをMacキーボードのように使いたい場合は、上記のように設定をしてみてください。

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • Magic Keyboard 
  • iMac (24-inch, M1, 2021) macOS 12.5