りんごはっく

MacのキーボードをWindows風にする方法

  • Release
  • Update

Macに標準で搭載されているIMEは、「returnキーを2回押さないと確定できない」「入力の最中に変換される」といった特徴があります。

元々WindowsPCを使用していた場合は、以下の方法でキー操作を変更してみてください。

この記事では、MacのキーボードをWindows風にする方法をご紹介します。

Mac標準のIMEについて

IMEとは「Input Method Editor(インプット・メソッド・エディタ)」の略であり、入力したアルファベットやひらがなを日本語に変換するソフトウェアのことを言います。

Macの標準IME

Macでいうと、「日本語 – ローマ字入力(かな入力)」が標準のIMEです。

Macに標準搭載されているIMEには、以下のような特徴があります。

  • returnキーを2回押して変換候補を確定する
  • 入力の最中に変換を行う「ライブ変換」機能がある

日本語の変換精度が高いMacの標準IMEですが、ひらがなから漢字に変換を確定する際は「2回returnキーを押す」必要があります。

Macのライブ変換

また、Macの標準IMEには「ライブ変換」という機能があります。

ライブ変換機能とは、入力中の文字を自動的に漢字やカタカナに変換してくれる機能のことです。

試しに、Macのメモアプリで「らいぶへんかん」と入力したところ、自動的に「ライブ変換」と変換されました。

ライブ変換機能は、spaceキーによる変換が不要になる便利な機能です。

しかし、勝手に変換されることや誤変換が煩わしいと感じたり、元々Windows PCを使用していた場合は使いづらいと感じることもあるでしょう。

これらの機能をオフにし、Windows風のキー操作に近づけたい場合は以下の方法をお試しください。

MacのキーボードをWindows風にする方法

ここでは、Mac標準のIMEをWindows風にする方法をご紹介します。

作業時間:2分

システム環境設定を選択する

システム環境設定を選択する

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

キーボードを選択する

キーボードを選択します。

Windowsのキー操作にチェックを入れる

Windows風のキー操作にチェックを入れる

入力ソースタブ、②日本語 - ローマ字入力の順に選択し、③ライブ変換のチェックを外し、④Windowsのキー操作にチェックを入れます。

Windows風のキー操作に変更できた

MacとWindows風キー操作の違い

これで、Windows風のキー操作に変更することができました。ライブ変換機能がオフになり、returnキー1回で変換を確定できるようになりました。

このページを見ている人におすすめの商品

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS) - シルバー

Apple(アップル)

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\39ショップ限定 エントリーでポイント2倍/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • iMac (24-inch, M1, 2021) macOS 12.4