りんごはっく

Macで日付に関するショートカットキー

  • Release

この記事では、Macで日付に関するショートカットキーをご紹介します。

例えば「20220708」等の日付をファイル名にしたい場合などにショートカットキーを使うことができるといちいち入力する手間が省けるため大変便利です。

Excelで日付を入力するショートカットキーについてもご紹介しています。

Macのショートカットキー一覧PDFを入手する

Mac用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもMacのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Macショートカットキー一覧表のPDF販売ページへ

Macで日付に関するショートカットキー

ショートカットキーを使って日付を入力する方法をご紹介します。

日付を入力するショートカットキー

Macでは日付を入力できるショートカットキーはデフォルトではありません。

ただし、アプリをダウンロードすることで現在の日付をショートカットキーで入力することができるようになります。

方法の詳細は以下のとおりです。

App Storeを開く

まずはアプリをダウンロードします。

①メニューバーのアップルメニュー、②App Storeの順に選択します。

wordsericeを検索する

App Storeが起動します。

画面左上の検索バーに「wordservice」と入力してreturnを押します。

入手ボタンを押す

WordServiceのアプリが表示されます。

入手ボタンを押します。

インストールボタンを押す

インストールボタンを押します。

App Storeへのログイン画面が出てきた場合は、Apple IDとパスワードを入力してください。

開くボタンを押す

ダウンロードできたら、開くボタンを押します。

Quitボタンを押す

WordServiceの確認メッセージが表示された場合は、Quitボタンを押します。

システム環境設定を選択する

次に、ショートカットキーの設定を行います。

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

キーボードを選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

キーボードを選択します。

ショートカットキーを設定する

キーボードダイアログボックスが表示されます。

ショートカット、②サービスの順に選択します。

「WordSerice: Insert Short Date」もしくは「WordSerice: Insert Long Date」にチェックマークを入れます。両方に入れることも出来ます。

④デフォルトのショートカットキーをそのまま使用することも出来ますが、変更したい場合はショートカットキーが表示してある箇所をダブルクリックします。

ショートカットキーを設定できる

ショートカットキーを設定できる状態になるため、実際にキーボードを押して新しいショートカットキーを設定します。

赤い矢印で示したように今回は、control + command + O(オー)を設定しました。

これで現在の日付を入力するショートカットキーの設定が完了しました。

ショートカットキーを押す

試しにショートカットキーを使って日付を入力してみましょう。

メモアプリなどを開いて、先ほど設定したショートカットキー(例:control + command + O)を押します。

日付を入力できる

現在の日付を入力することができました。

日付の形式を変更する

WordSericeで入力できる日付の形式は任意のものに変更することができます。

変更方法をご紹介します。

システム環境設定を選択する

①メニューバーのアップルメニュー、②システム環境設定の順に選択します。

言語と地域を選択する

システム環境設定ダイアログボックスが表示されます。

言語と地域を選択します。

詳細ボタンを押す

言語と地域ダイアログボックスが表示されます。

画面右下の詳細ボタンを押します。

スラッシュを削除する

詳細ダイアログボックスが表示されます。

日付を選択します。

短/中/長のうち、短が「WordSerice: Insert Short Date」、長が「WordSerice: Insert Long Date」に対応しています。

②今回は「短」の日付の間にあるスラッシュを削除して、「20220601」の形式で表示されるようにします。

OKボタンを押す

赤い矢印で示したように「短」の形式からスラッシュを削除しました。

OKボタンを押します。

これで表示の変更は完了です。

任意の日付が入力できる

ショートカットキーを押して変更したとおりの表記に変わっていれば、問題なく設定が完了しています。

Excelで日付を入力するショートカットキー

Excelで表などを作成する際に、ショートカットキーを使って現在の日付を入力することが可能です。

方法の詳細は以下のとおりです。

control + ;を押す

Excelで現在の日付を入力したいセルを選択して、control + ;(セミコロン)を押します。

現在の日付が入力できる

赤い矢印で示したように現在の日付を入力することができます。

このページを見ている人におすすめの商品

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応


47ページ

\Kindle本冬の読書フェア 書籍5冊購入で 10%P還元/Amazonで価格を見る

\ラスト5時間限定セール 最大50%OFF/楽天市場で価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4