りんごはっく

Macの文字入力に関するショートカットキー

  • Release
  • Update

この記事では、Macで文字入力を行う際に覚えておくと便利なショートカットキーについてご紹介します。

カーソルの移動や文字サイズの変更などの基本的な操作のほか、文字数カウントや文字の削除などもショートカットキーで行うことが出来ます。

文字入力に関するショートカットキーを覚えて、キーボードの操作をスムーズに行えるようになりましょう。

Macのショートカットキー一覧PDFを入手する

Mac用のショートカットキーがまとめられているPDFを販売しています。タブレットでPDFを表示したり紙に印刷することで、いつでもMacのショートカットキーを確認できます。

Store.jpで販売しておりますので、ご希望の方は以下から遷移して下さい。

このページを見ている人限定で、消費税還元クーポン(10%引き)コードを発行します!ショッピングカートに入れた後、ご入力→お支払い→【ご確認】の画面で入力して下さい。

クーポンコード:LeTgceQypA

Macショートカットキー一覧表のPDF販売ページへ

Macの文字入力に関するショートカットキー

Macで文字入力を行う際に役立つショートカットキーをご紹介します。

カーソルを移動するショートカットキー

カーソルの移動を矢印キーではなくショートカットキーで行うと、手をホームポジションから離さずに操作ができるため文字入力の効率が上がります。

以下では「上下左右に移動するショートカットキー」と「文頭/文末に移動するショートカットキー」をご紹介します。

上下左右に移動する

上下左右に移動するショートカットキーは以下の表をご確認ください。

ショートカットキー操作
control + Fカーソルが右へ移動
control + Bカーソルが左へ移動
control + Pカーソルが上へ移動
control + Nカーソルが下へ移動

以下では、上記のショートカットキーを使ってカーソルを移動する方法をご紹介します。今回は右に移動するショートカットキーを例にあげます。

カーソルが先頭にある

上の画像ではカーソルが文頭にあります。

control + Fを押します。

カーソルが移動する

カーソルが右へ移動しました

ショートカットキーを複数回押せば、押した回数分移動します。

文頭/文末に移動する

ショートカットキーを使って文頭/文末に一気に移動する方法は以下のとおりです。

カーソルが先頭にある

上の画像では文頭にカーソルがあります。

文末に移動させるために、control + Eを押します。

カーソルが文末にある

カーソルが文末に移動しました。

次に、カーソルを文頭に移動させるためにcontrol + Aを押します。

カーソルが先頭にある

カーソルが文頭に移動しました。

文字を削除するショートカットキー

通常Macでは、文字を削除する場合、Windowsのバックスペースキーにあたる「deleteキー」を使って行います。

ただし、ショートカットキーを使うことでもdeleteキーと同じように文字を削除することが可能です。

ショートカットキーで文字の削除を行う方法については以下の記事「Macで文字を削除するショートカットキー」セクションをご参照ください。

Macで削除するショートカットキー

Macでdeleteを行うショートカットキー

Magic keyboardの場合

MacにはWindowsのDeleteキーにあたるキーがありません。

上の画像の赤い矢印で示した部分のようにMagic Keyboard等の外付けキーボードであれば、Deleteキーが搭載されている場合があります。

Macで、Deleteキーを使ってカーソルの前にある文字を消す操作と同様の操作を行いたい場合は、下記の記事「カーソルの前にある文字を削除するショートカットキー」セクションをご参照ください。

Macで削除するショートカットキー

上付き文字/下付き文字を入力するショートカットキー

上付き文字や下付き文字について

化学式や「2の3乗」などの計算式を文字列として表現したい場合は、上付き文字や下付き文字を入力します。

上の画像は、それぞれ上付き文字と下付き文字を入力した場合の例です。

ショートカットキーによる上付き文字/下付き文字の入力方法については以下の記事をご参照ください。

Macで上付き文字を設定するショートカットキー

Macで下付き文字を設定するショートカットキー

文字を入れ替えるショートカットキー

ショートカットキーを使ってカーソルの直前にある文字を入れ替える事ができます。

方法の詳細は以下のとおりです。

カーソルが文末にある

上の画像では、赤い矢印で示したように「お」の後ろにカーソルがあります。

control + Tを押します。

control + Tを押すと入れ替わる

「お」と「え」が入れ替わって表示されました。

絵文字を入力するショートカットキー

絵文字を入力する

上の画像は、絵文字の一覧をショートカットキーで表示した場合の例です。

ショートカットキーを使えば、文字入力中にもスムーズに絵文字を入力することが出来ます。

絵文字の一覧を表示するショートカットキーについては以下の記事をご参照ください。

Macの絵文字に関するショートカットキー

文字数をカウントするショートカットキー

通知で文字数がカウントされる

字数制限のあるレポート等を書く際に、文字数カウントの機能は大変役立ちます。

以下の記事では、WordやPagesで文字数カウントを行う方法をご紹介していますので参考にしてみてください。

また、メモアプリで文字数カウントをするためのショートカットキーを作成する方法もご紹介しています。

Macで文字数カウントするショートカットキー

文字サイズを変更するショートカットキー

文字の大きさを変更した例

上の画像は、ショートカットキーで文字サイズを変更した場合の例です。

赤い矢印で示した部分の文字サイズを大きくしています。

ショートカットキーを使って文字サイズを変更する方法については以下の記事をご参照ください。

Macで文字サイズを変更するショートカットキー

このページを見ている人におすすめの商品

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応

操作が25倍速くなる!Macキーボード・ショートカット: 最新Ventura/Monterey/Big Sur/Catalina/Mojave対応


47ページ

\本のポイントキャンペーン 最大30%還元/Amazonで価格を見る

\24時間限定! 50%以上割引SALE/楽天市場で価格を見る

\Yahoo!プレミアム会員限定 最大50%OFFクーポン/Yahoo!ショッピングで価格を見る

ビッグセール情報

  • ビッグセール情報

本記事では、以下のデバイスを使用して検証しています。他の環境では再現できない可能性がありますのでご了承ください。

  • MacBook Pro (13-inch, 2017) macOS 12.4